新宿御苑

今日は昼休みに新宿御苑に行きくつろぎました。

天気はあまりよくなかったですが、涼しく気持ちのよい週末を過ごすことができました。

もうすぐ転職するのかぁなんて思いながら御苑で寝転んでいるとなんか実感わきません。

まぁ、もうすぐです。

ってかまだ転職先は決まっておりませんが・・・・

Comments (1)

新宿区で転職

と言っても考えているのは西新宿や四谷方面が中心です。

家が神楽坂なのでそこらへんがよいです。

高田馬場や新宿区上部のほうはなんだか好きになれないのでそこらへんで転職先を探しています。

う~ん結局渋谷とか港区のほうが良い仕事先があるんだよなぁ・・・

まぁ勤務地ではなくやりたい仕事でキャリアを積んで生きたいと思います。

コメントする

システムの採用

転職サイトを運営するエンジャパンがwebfocusの採用を決めたようです。

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:ビル・トッテン、略記:アシスト)が日本国内での販売権を有しているWebレポーティング・ツール 「WebFOCUS」とETL*ツール「iWay DataMigrator」(開発元:米Information Builders, Inc.)が、「[en]社会人の転職情報」をはじめとするインターネット求人広告サイト運営など、企業の人材採用をトータルに支援するエン・ジャパン株 式会社(代表取締役社長:越智 通勝、本社:東京都新宿区、略記:エン・ジャパン)の現行営業支援システムに採用されました。

*ETL: 基幹系システムなどに蓄積されたデータを抽出(extract)し、データ・ウェアハウスなどで利用しやすい形に加工(transform)し、対象データベースに書き出す(load)ツール。

人材採用から社員教育、人事評価制度までのコンサルティングを行うエン・ジャパンでは、部門ごとに独自の営業支援システムを構築していました。昨年よ り、事業の中核である中途採用、新卒採用の営業力を短期間で大幅に強化するために、全営業担当が利用する現行の各営業支援システムの見直しが行われまし た。営業情報を全社的かつリアルタイムに共有または活用できる環境を実現するために求められたものは、それぞれの営業支援システムのレポート機能強化/操 作性の改善、各営業支援システムと基幹システムの連動、長期的な傾向分析の実施の3点です。

これらの要件を検討した結果、
1)開発生産性にすぐれ、短期間での開発が可能
2)利用者が直感的に操作可能
3)レポート作成の自由度が高い
4)データベースやアプリケーションの違いを意識することなくデータ参照が可能
5)既存システムへの組み込み易さ
の5点を高く評価し、アシストが提供するWebレポーティング・ツール「WebFOCUS」と同じ開発元でWebFOCUSと親和性の高いETLツール「iWay DataMigrator」の採用を決定しました。

エン・ジャパンでは、アシストが提供するWebFOCUS研修サービスの受講後約1カ月で、現行営業支援システムのリアルタイムでのデータ活用を順次実 現し、営業担当者の活動を支援することに成功しています。今後はより細かい分析を行うためのデータ・ウェアハウス構築や基幹システムでのレポート開発を進 めていく予定です。

コメントする

新宿区転職

新宿区は、都庁、エルタワー、オークタワー、野村ビル、三井ビルなどを中心とする超高層ビル群副都心があり、数多くの優良企業が拠点を構える日本のビジネスの中心地である。

そのような新宿区で働くには通常より難しくより、スキルが求められるエリアである。

履歴書の作成の際もそれは同じ事であり、 特に気をつけなくてはいけない点である。

まず、履歴書作成には、新宿ということよりは、あなたのこれまでのキャリアを重点においてキャリアを浮き彫りにしてから考えるのがよいであろう。

コメントする